メラノーマに注意

医者と看護師

ほくろは基本的に良性のものが多いですが、メラニン色素ががん化して出来る「メラノーマ」と呼ばれる悪性のほくろもあります。放置したままだと死に至る場合もあるので、メラノーマを見つけたら早期治療を行ないましょう。

詳しく見る

レーザーでほくろ治療

女性

近年、レーザーを用いた治療は美容外科の中で多く活用され、ほくろ治療でも活躍の場が多く見られます。そんなレーザー治療の特徴は、メスを使用せず複数のほくろを除去できる事です。顔に多く出来た気になるほくろは、レーザー治療で除去しましょう。

詳しく見る

電気メスの特徴

医者と看護師

ほくろ治療の1つに、電気メスを用いた治療法があります。高周波電流を流す事により、切開と凝固どちらも行う事が可能です。止血の必要がないので、縫合も行いません。盛りあがったほくろを切除したいけど抜糸を行う事に抵抗がある方におすすめです。

詳しく見る

ほくろの発生を防ぐ

医者

ほくろが出来る主な原因は紫外線です。対策を行わなければ、複数のほくろや盛り上がったほくろに悩まされる事になるでしょう。クリニックでほくろ治療を行う方法もありますが何度も行うのは避けたいですよね。ほくろの発生は防ぐためにも対策を行いましょう。

詳しく見る

ほくろは自分でいじらない

鏡を見る女性

大きいほくろや毛の生えたほくろなど、気になるほくろが出来ると自分で取りたくなりますよね。しかし、ほくろは刺激を与えると悪性化する可能性があります。適切な処置を行うためにも、ほくろ治療はクリニックで行ったほうが良いでしょう。

詳しく見る

ほくろの適切な治療場所

女医

ほくろ治療はクリニックが1番

ほくろは遺伝や紫外線などの影響によって作られます。ほくろのほとんどは体に悪影響を及ぼさないのでそのまま放置していても問題ありません。ですが、大きく盛り上がったほくろが鼻の横や口元などに出来ると、気になってしまいますよね。気になるとつい指でほくろを引っ掻くクセが出来たり、何かの拍子に引っかかってしまうケースもあります。何より、女性にとって大きなほくろが目立つ場所にあるのはコンプレックスに感じてしまう事でしょう。もし気になるほくろが出来たら、クリニックでほくろ治療を行いましょう。ほくろ治療にはさまざまなタイプがあり、費用や施術方法など自分の希望する方法で選択が可能です。跡が残らないように適切な治療を受けられますよ。ほくろ治療を行えば、自分の素顔に自信が持てるようになるでしょう。

クリニックでほくろ治療を行なうメリット

実は、自宅でほくろケアを行う方法がない訳ではありません。その方法が、ほくろクリームによるケアです。気になるほくろの部分にほくろを塗る事で患部がカサブタのようになるクリームです。自宅で手軽にほくろケアが行えるのは嬉しいですが、人によってはヒリヒリすると感じる方もいるようです。また、確実にほくろが取れる保証はないため、しっかりほくろを取り除くなら設備がそろうクリニックでほくろ治療を行なったほうが良いでしょう。また、クリニックには専門のドクターがカウンセリングを行うので、ほくろに関する悩みに真摯に答えてくれます。ほくろが出来にくいように日頃から行える対策などのアドバイスも行ってくれるでしょう。